· 

金の相場ってなんで今こんなに高いの?

さて、今の金の相場が10年前の4倍くらいだってご存知でしたか?

 

めちゃめちゃ高いんです。

 

 

金の相場は、わかりやすく説明しますと、世界中で良いニュースがながれると下がって、悪いニュースがながれると上がります。

 

もっと言うと、景気が良いと下がって、景気が悪いと上がります。

 

 

ということは、ここ数年世界経済が最悪だということです。

 

世界的に景気は悪いということです。

 

 

金相場は、世界中のお金持ちが動かしているといっても過言ではありません。

 

株も同じようなものですが・・・

 

 

金は、リスク回避のために買われることが多いです。

 

簡単に言えば、株はその会社が倒産すれば紙くずになります。

 

でも、実物資産である金は、決して紙くずになりません。

 

 

なので、世界中のお金持ちが、景気が悪くなると株や債券からお金を引き揚げ、金を買います。

 

株や債券は配当があるので、持っているだけでお金がもらえます。

 

でも金は、どれだけ持っていても配当はありません。一切お金を生みません。

 

 

そんな金を世界中のお金持ちたちがたくさん買っているので、今の金相場は高いんです。

 

 

最も金相場が高かったのは、1983年です。

 

その時、何があったでしょう。

 

 

ソ連のアフガニスタン侵攻です。

 

アフガニスタンをアメリカが支援して、ソ連とアメリカの代理戦争になりました。

 

第3次世界大戦になるのではないかと、世界中が心配しました。

 

 

国がなくなってしまえば、お金は紙屑になります。

 

その為、世界中のお金持ちたちは金を買いあさりました。

 

 

そして、金相場は1グラム6000円以上に跳ね上がりました。

 

その後、戦争は起きなかったため、金相場は下がり続け、1グラム1000円~1500円に落ち着きました。

 

 

そんな状態が、30年続きました。

 

 

でも、ここ数年金相場が1g4500円~5000円くらいで推移しています。

 

第3次世界大戦クラスの経済に対する不安があるということです。

 

 

そう考えると、すごく不安になりますが、中国やインドが経済発展し、金などの宝飾品をかくさん買っているからと言う側面もあります。

 

いずれにせよ、今の金相場は高すぎる感じです。

 

 

30年に一度の金相場の高騰ですので、売り時なのは間違いありません。

 

眠っている金がありましたら、早めにお売りになることをぽ勧めします。

 

 

昨日も、喜平のネックレスをお売りいただきました。

約15万円くらいのお買取でした。

 

 

金相場が下がる前に、是非お持ちください。

 

査定は無料ですので、お気軽にお越し下さい。

 

お待ちしております。